新陰陽道叢書 第二巻 中世
販売価格 9,900円(税900円)
購入数

赤澤 春彦 編
A5判・上製カバー装・577頁 ISBN 978-4-626-01875-5 C3321
【新陰陽道叢書 特設ページはこちら】
『陰陽道叢書』(村山修一ほか編、全四巻)から四半世紀
質と量ともに厚みを増した陰陽道研究の到達点を示し、陰陽道の通史を展望する。

総論 中世陰陽道研究の成果と課題(赤澤春彦)
機|羸い旅餡函Ω⇔呂髪⇒枡察
 一二世紀日本の儀礼における陰陽師(米井輝圭)
 中世国家論と陰陽道研究(下村周太郎)
  ―鎌倉幕府の天変地異祈禱をめぐって―
 鎌倉後期〜南北朝期の官人陰陽師(山口啄実)
  ―変革期の安倍氏と賀茂氏―
 大内氏と陰陽道(森 茂暁)
  ―大内政弘と賀茂在宗との関係を中心に―
 天正一〇年閏月問題から見た中世末期の暦道(遠藤珠紀)
供|羸い領顱ε景検占術・呪術―
 六壬式占と軒廊御卜(西岡芳文)
 戦国武将と易占い(菅原正子)
 中世における具注暦の展開(湯浅吉美)
 中世後期における地方暦と在地社会(福島金治)
 天空に対する認識(永井 晋)
  ―中世前期の天文占と国家―
 陰陽道祭文の位置(梅田千尋)
  ―『祭文部類』を中心に―
 百怪祭(太田まり子)
  ―陰陽道祭祀からみた中世における怪異意識の変容―
掘|羸い了社・地域社会と陰陽道―
 中世の密教と陰陽道 (西岡芳文)
  ―盤法をめぐって―
 院政期・鎌倉期の宿曜道と宿曜師(赤澤春彦)
 大乗院尋尊と幸徳井家(木村純子)
  ―『大乗院寺社雑事記』と『大乗院寺社雑事記紙背文書』―
 宇佐の陰陽師(赤澤春彦)
 中世大和の声聞師 (山村雅史)
 算置考(ハイエク・マティアス)
  ―中世から近世初期までの占い師の実態を探って―


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける