新陰陽道叢書 第五巻 特論
販売価格 9,900円(税900円)
購入数

林 淳 編
A5判・上製カバー装・600頁 ISBN 978-4-626-01878-6 C3321
【新陰陽道叢書 特設ページはこちら】

『陰陽道叢書』(村山修一ほか編、全四巻)から四半世紀
質と量ともに厚みを増した陰陽道研究の到達点を示し、陰陽道の通史を展望する。

総論 陰陽道研究を広げる(林淳)
I 安倍晴明像の再生産と変容
 古代における晴明像の形成(細井浩志)
 中世における晴明像の展開(赤澤春彦)
 近世における晴明像の変容(梅田千尋)
 近代における晴明像の再生(小池淳一)
粁颪龍畭紊氾譽▲献
 明治初年における宗教者身分の廃止(林淳)
 教派神道と宗教者・芸能者(小松和彦)
 陰陽道と「歴代組」(秋山浩三・梅田千尋)
 近代日本における暦の「開化」と「復古」(下村育世)
  ―神宮による頒暦制度の成立―
 日本風水史略説(鈴木一馨)
 近代の日本社会と中国社会における旧暦の継承(謝荔)
 日本統治下台湾の暦政策(城地茂)
 大政翼賛会興亜局編纂の「暦法調査資料」について(小林春樹)
  ―戦時科学史的視点からの暦学研究の試み―
 韓国における暦の近代(全勇勲)
  ―暦書からみた韓国の暦文化―
訓⇒枡算卜舛慮什
 陰陽道関係の伝来史料(山下克明)
 宮内庁書陵部所蔵の陰陽道関係史料(高田義人)
 東京大学史料編纂所所蔵の陰陽道関係史料(遠藤珠紀)
 若杉家文書の陰陽道関係史料(山本琢)
 皆川家文書の陰陽道関係史料(鈴木一馨)
 吉川家文書の陰陽道関係史料(小田真裕)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける