新陰陽道叢書 第四巻 民俗・説話
販売価格 9,900円(税900円)
購入数

小池 淳一 編
A5判・上製カバー装・650頁 ISBN 978-4-626-01877-9 C3321
【新陰陽道叢書 特設ページはこちら】
『陰陽道叢書』(村山修一ほか編、全四巻)から四半世紀
質と量ともに厚みを増した陰陽道研究の到達点を示し、陰陽道の通史を展望する。

『新陰陽道叢書』刊行にあたって
総論 陰陽道と民俗・説話研究(小池淳一)

機〔餌
 キシクサンとアホバラサン(夏堀謹二郎)
 ミカワリと三隣亡(小島瓔禮)
 共同祈願の零落 ―三隣亡のこと続考―(小島瓔禮)
 神子・法者・陰陽師 ―いざなぎ流の生成・試論―(梅野光興)
 蘇民将来符の研究 ―その形態と分布―(宮本升平)
 東方朔再考 ―近世陰陽道書と民俗―(小池淳一)
 常陸の晴明伝説―猫島の晴明伝説を中心に―(高原豊明)
 安倍晴明伝説 ―『簠簋抄』における晴明常陸出生説の背景及び『簠 簋内伝』の東北伝播について―(高原豊明)
供\睿辰蛤弋掘Ψ歿
 古浄瑠璃『しのだづま』の成立 ―なか丸とあべの童子―(加賀佳子)
 『簠簋抄』と『晴明傳記』 ―信太妻伝説の地方的展開―(松石江梨香)
 狐変化型芸能にみられる宗教者の教化活動 ―能楽・歌舞伎・人形浄瑠璃のなかの陰陽師を中心にして―(大森惠子)
 御霊信仰 ―『牛頭天王縁起』を中心に―(真下美弥子)
 『貴船の本地』と地鎮の呪法 ―家を七七に造ること―(三浦俊介)
 〈文選博士〉考―吉備真備・安倍晴明・大江匡房をむすぶもの―(増尾伸一郎)
 陰陽道の説話的起源 ―龍宮訪問をめぐって―(小池淳一)
掘[颪叛蠅
 六曜を考える(改訂)(安藤宣保)
 暦神としての牛頭天王 ―暦注書・祭文・神像絵巻をめぐって―(斎藤英喜)
 南西諸島の卜占と風水思想(赤田光男)
 琉球の占術文献と占者(山里純一)
 久米島具志川の日選び(横山俊夫)
 江戸時代の占い本 ―馬場信武を中心に―(ハイエク・マティアス)
 占いの諸類型とその特質 ―現代日本の占い本を通して―(鈴木健太郎)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける